11日夜から12日にかけて、日本の上空に厳しい寒波が入り込んだ影響で、近畿でも北部を中心に積雪があり、東海道新幹線や高速道路などに影響が出た。

12日朝の大阪市の最低気温は4・4度(平年4・6度)、滋賀県彦根市で0・3度(同2・5度)。大阪管区気象台によると、近畿上空にマイナス6度の寒気が入り、冬型の気圧配置になったためという。積雪量は滋賀県米原市で25センチ、京都府舞鶴市で5センチ、兵庫県豊岡市で3センチなど。

東海道新幹線は、滋賀県米原市付近での降雪の影響で、名古屋−新大阪駅間で上下線とも始発から徐行運転。名神高速道路は八日市IC(滋賀県東近江市)−岐阜羽島IC(岐阜県羽島市)間の上下線が12日未明から50キロに速度規制された。

11日に例年より約1カ月早く今シーズンの営業を終了したばかりのハチ高原スキー場(兵庫県養父市)では50センチの積雪となり、12日営業を再開した。氷ノ山鉢伏観光協会によると今シーズン最高の積雪量で、「雪は春まで大丈夫」としている。

同気象台によると厳しい寒さは13日まで続くが、14日以降は気温が上がり、春らしい天気になりそうだという。
(産経新聞)