Burton

テリエ・ハーコンセンケビン・ピアスジェレミー・ジョーンズエリーナ・ハイトマッズ・ジョンソン

ノルウェー・オスロでは、2007アークティックチャレンジが行われました。予選ではテリエ・ハーコンセンが9.6mの超特大バックサイド360メソッドを決め、ヘイキ・ソーサの記録を抜く世界新記録を樹立しました。

続いて行われたファイナルには、テリエ、ダニー・デービス、ケビン・ピアス、パット・ムーア、ジェイク・ブラウベウトら8名が出場。8m級のハイエアーが続出する中、輝きを放ったのはニッポンオープン・パークスタイルの覇者、ケビンでした。ケビンはスタイリッシュなマックツイストや特大BSロデオミュートなどを次々と決め、見事優勝!賞金1万5千ドルを手にしました。

ジェレミー・ジョーンズは、忙しい撮影の日々を送っています。マックダウの新作、"Picture This"の撮影でカナダ・エドモントン、フィンランドを訪れ、その後地元ソルトレイクシティーに2日間戻ったのち、ブライトンでカメラマンと合流しパウダーで撮影(写真)、また地元へと戻りストリートレールの撮影と、ハードなスケジュールをこなしています。最後のストリートでの撮影で、ジェレミーはひとつ上のレベルのライディングを見せてくれました。まだ映像をお見せすることはできませんが、今後の露出にご期待下さい。

カリフォルニア州レイクタホで行われたThe Vans Cupでは、Burtonガールズチームが力を見せてくれました。40分間のジャムセッションで行われたファイナルで、エリーナ・ハイトが540と720のコンボ、バックトゥバックの900などを入れたハイレベルなランを見せ1位に、そしてケリー・クラークが高さのあるエアーを中心にスムーズなフロントサイト720、540を織り交ぜたルーティーンで2位に続き、ニッポンオープンのうっぷんを晴らすかのような1-2フィニッシュを飾ってくれました。

カナダ・BC州では、マッズ・ジョンソン、フレデリック・カールバーマッテンがスタンダードフィルムの撮影を行いました。3週間の撮影期間中は、悪天候が多かったものの雪の状態は良く、二人とも満足の行くフッテージを残すことができたようです。この撮影のハイライトは、唯一好天に恵まれた日にマッズが見せた、モンスター級のバックサイド360でしょう。間違いなくこれは秋にリリースされるスタンダードの新作で人々の度肝を抜くことになるはずです。

http://www.burton.co.jp/