スノーボードの全日本選手権最終日は11日、岐阜県郡上市の高鷲スノーパークで男女スノーボードクロス(SBX)を行い、男子は石田達哉(コナサーフ)が初優勝、女子は土井奈津子(クルーズ)が2連覇を果たした。

トリノ五輪で女子7位入賞の藤森由香(JWSC)は準決勝で転倒して決勝に進めず5位だった。