8日午前10時ごろ、栃木県那須町大島の「マウントジーンズスキーリゾート那須」で、鳩ケ谷市南1、派遣社員、白滝文彦さん(44)がスノーボードで滑走中にブナの木に衝突、胸を強く打って約2時間後に死亡した。

同県警那須塩原署の調べや同スキー場によると、同8時ごろ、白滝さんは日帰りの予定で友人2人と到着。中級者コースを滑っている途中、コースが二手に分かれる分岐点の70〜80メートル手前で右にそれ、コース脇のブナの木(直径約40センチ)に衝突したという。
(毎日新聞)