国内のトップスノーボーダーが顔をそろえる07FIS公認「第13回全日本スキー選手権郡上大会スノーボード競技」(全日本スキー連盟主催)が8日、郡上市高鷲町西洞の「高鷲スノーパーク」で開幕する。

同大会が岐阜で開かれるのは初めて。来年2月22〜24日に同スキー場で開催される「スノーボードFISワールドカップ大会」のプレ大会。競技は▽750メートルのコースを4人で競う「スノーボードクロス(SBX)」▽高さや技を得点で競う「ハーフパイプ(HP)」▽640メートルのコースに設置された旗門を通過しタイムを争う「パラレルジャイアントスラローム(PGS)」の3種目。男女約250人(県内14選手)が出場予定。

大会日程は次の通り。
【8日】午後5時=開会式
【9日】午前10時=PGS競技スタート
【10日】同=HP競技スタート
【11日】同=SBX競技スタート▽閉会式
(毎日新聞)