7位に入賞しインタビューを受ける藤森スノーボードのワールドカップ(W杯)富良野大会第2日は17日、北海道・富良野スキー場で男女スノーボードクロス(SBX)があり、日本勢は決勝トーナメント(男子は予選の上位32人、女子は同16人)に、女子でトリノ五輪7位の藤森由香(JWSC)と土井奈津子(クルーズ)が進出。藤森は準決勝で敗退したが5〜8位決定戦の結果、7位に入った。土井は1回戦で敗れて13位。男子の日本勢はすべて予選落ちした。

優勝は男女ともカナダ勢で、女子はメール・リカーがSBXで01年1月以来となるW杯通算4勝目。男子はドルー・ニールソンが同7勝目を挙げた。今季W杯のSBXは雪不足などでこれまでの4戦すべて中止になっており、今大会が初戦だった。

◇「アクシデントで…」…藤森の表情晴れず
決勝トーナメント1回戦、スタート直後に転んで最下位と出遅れた藤森。だが、2番手と3番手の選手が接触した間に2人を抜いて2位に。準決勝敗退後の順位決定戦も転倒した先行選手を、最下位から抜いて3位となった。「アクシデントで順位を上げていた」。W杯2度目の準決勝進出にも、表情は晴れなかった。

1人で滑ったタイムを争う予選は14位。4人で滑る決勝トーナメントもすべてスタート時は出遅れた。「(予選)タイムもぎりぎりだし……」。スピード不足などの課題は自覚している。

トリノ五輪後は基礎を見直した。体の軸をしっかりボードに据えることなど「初心者への講習みたいなものからやり直した」と日本チームの楠木孝司・SBXコーチ。トリノでも先行選手の転倒などで準決勝に進んだが、「幸運だったと本人も分かっている」と言う。

「苦手のバンクで滑りが安定して来た」と手応えも感じている20歳の藤森は「もっと上に行きたい」。運に頼らない実力を4年かけて培い、10年五輪はメダルを狙う。

セミファイナルは、4位に終わった決勝の2回戦で他選手のひじが腹に当たり激痛を押してのレースだったが、気力を振り絞った。トリノ五輪では新種目とあって注目された。「インタビューを受けるようになって自分のことを考えるようになった。競技にも集中するようになったし実力で上にいける選手になりたい」と話した。

○…昨年1月以来のW杯の優勝となったニールソン。「ゴール前の三つのジャンプ台に入る時、後ろの3人を見る余裕があった。その時に勝利を確信したよ」と圧勝に満足顔。予選を1位で突破し「そのまま絶対勝ってやろうと思っていた」。地元での10年バンクーバー五輪のスノーボード会場までは、カナダの自宅から車で約20分と言い、「それまでは頑張りたいね」。3年前に開かれた新潟でのW杯でも優勝している32歳のベテランは上機嫌だった。