17日午前8時15分ごろ、長野県白馬村の八方尾根スキー場・名木山ゲレンデで、映画撮影用のやぐらを固定していたワイヤに、リフトに乗っていた福井県若狭町の男性教諭(40)のスキー板が接触した。これにより外れたワイヤが当たり、同じリフトに乗っていた神奈川県川崎市の男性会社員(51)と娘の大学院生(23)が軽いけが。男性教諭は、約10メートル下のゲレンデに落下し、軽傷を負った。

大町署の調べによると、現場は、高さ約20メートルのやぐらを支えるために、金属製のワイヤ(直径約1センチ)が数本張ってあり、そのうちの1本がリフトの下を通っていた。リフトは3人乗りだった。

同スキー場は、今年暮れに公開予定の映画「銀色のシーズン」の撮影場所になっていた。事故当時、撮影は行われていなかったという。

同署は、業務上過失傷害の疑いもあるとみて調べている。
(産経新聞)