11日午前11時ごろ、嬬恋村干俣の「表万座スキー場」でスキーをしていた東京都板橋区の会社員、大馬秋宏さん(51)の長男で小学5年、隼人君(11)がコースから外れ、防護ネットを越えて立ち木に衝突した。隼人君は頭の骨を折るなどして意識不明の重体。長野原署が事故原因を調べている。

同署などによると、現場は中級者向けのコースで、隼人君は左にカーブした部分を曲がりきれずにコース外に飛び出したらしい。コースに設置してある高さ約1メートルの防護ネットは破れていなかったが、支柱の竹が折れて倒れていた。同署はネットの上を飛び越えるか、下をくぐったとみて、スキー場側に安全管理方法などを確認している。

隼人君は同日朝、両親と3人で来場、両親の前を滑っていた。スキーは幼少時に始めたという。
(毎日新聞)