Burtonオフィスでメダルを見せてくれたカズ1月20日、スイス・アローザで行われたスノーボード世界選手権ハーフパイプで、國母和宏が銀メダルに輝きました!

優勝のマシュー・クレペルにはわずか0.1ポイント及ばなかったものの、フロントサイドエアー→マックツイスト→FS1080→Cab720→FS900というルーティーンを完璧に決めて46.6ptを叩き出し、日本人初となる銀メダルを手中に納めました。

2007年を幸先よくスタートしたカズは、25日からアジア大会出場のため中国に入ります。この世界選手権の模様はCSスカイ・A sportsで1月30日(火) 22:50〜オンエアされますのでぜひご覧下さい!

中国へ向かうため帰国したカズに、Burtonオフィスで感想を聞いてみました。

−おめでとう!まずは感想を聞かせて

すごく嬉しいです。世界選手権は普段のワールドカップよりギャラリーや応援してくれる人がたくさんいるので、いつも以上に気合いが入りました。

−0.1ポイント差についてはどう思う?

実は予選も2位通過だったんですよ。しかも1位通過はマシューで点差は0.1ポイントだったんです。決勝で完成度を上げれば勝てるかなと思ってたんですけど、マシューが予選では出さなかった1260をメイクしてきたので仕方ないですね。

−これからの予定を教えて

25日からアジア大会出場のため中国に行きます。帰国後スタンダードフィルムの撮影でアメリカに行ってから北海道のワールドカップ出ます。それから福島のニッポンオープンに出場して、アメリカのバンズカップに行く予定です。

−相変わらず多忙だね。今年も素晴らしいライディングを期待しているよ。最後にファンにメッセージを

2月に富良野のワールドカップとニッポンオープンに出場するので、皆さんぜひ会場に見に来てください。応援してくれる人がいればいるほどいいライディングができると思うのでよろしくお願いします。

http://www.burton.com/