【長春(中国)28日時事】アジアの冬季スポーツの祭典、第6回長春アジア冬季競技大会は28日、当地の長春五輪体育館で開会式が行われ、開幕した。開会式では中国の胡錦濤国家主席が開会を宣言した。大会には26カ国・地域から約1100人が参加し、2月4日まで5競技47種目を実施する。

日本は選手113人を含む総勢175人の選手団を組んだ。開会式ではスキー距離女子の福田修子(弘果ク)が旗手を務め、村里敏彰団長ら18人が行進。韓国と北朝鮮は統一旗の下、合同で入場行進した。

既に男女のアイスホッケーが開幕前に競技を開始し、28日は日本女子が北朝鮮を3−2で下して初戦を飾った。29日から本格的に競技が始まり、スノーボード・ハーフパイプ女子の山岡聡子(アネックス)、スピードスケート女子3000メートルの田畑真紀(ダイチ)ら有力選手が登場する。 
(時事通信)