歌手の木村カエラ(22)が16日、新潟・苗場スキー場で自ら出演するJR東日本のスキーキャンペーンCMソング、新曲「Snowdome」の発売(17日)を記念し、初のフリーライブを行った。

昨年9月にニュージーランドのCM撮影で訪れて以来、「人生で2回目のスキー場です。直滑降しかできない」と苦笑い。スキーはボーゲンどころか、ほぼ“バージン”のカエラだが、限定1000人を前に「Snow−」「TREE CLIMBERS」などフルパワーの全10曲で、銀世界を彩った。

この日は、スキー場のBGMを洋楽ロック中心に自らセレクト。ライブ前から雪遊びに大はしゃぎで、深夜もラジオ・J−WAVEのレギュラー番組をライブ中継するなど、苗場を1日ジャックした。2月7日には3枚目のアルバム「Scratch」を発売予定。4月10日(横浜)から全国ツアーを行うことも決まった。
(スポーツ報知)