7日午後1時半ごろ、長野県小谷村の北アルプス・白馬乗鞍岳(2469メートル)へ山スキーに出かけていた神戸市須磨区神の谷、会社員原田亮さん(35)、聖子さん(37)夫妻から、悪天候で下山できなくなったと、携帯電話で同県警に救助要請があった。

大町署によると、原田さんらは5日に入山し、日帰りで尾根伝いに白馬乗鞍スキー場へ下りる予定だったが、道に迷い、標高約1400メートル付近でビバーク。6、7日も悪天候で身動きが取れなくなった。

周辺では6日から大雪などの注意報が出され、現場付近の積雪は2メートル近いという。同署は天候の回復を待ち、8日朝にも捜索に向かう。
(読売新聞)