県健康推進課は6日、スキー競技の合宿で北秋田市内のホテルに宿泊中の県内外の中高生と指導者計18人が下痢や吐き気などの症状を訴え、ホテルの従業員1人を合わせた8人がノロウイルスに感染したと発表した。中学生ら3人が入院したが、全員快方に向かっており、7日にも退院する予定。ホテルは6日から8日まで自主休業する予定。中高生らが使用していたスキー場も消毒を実施する。

中高生らは4団体からなり、一部は3日から宿泊していた。詳しい感染源を調べている。
(毎日新聞)