県警地域課は、正月三が日の県内神社仏閣への初詣で客の人出は、予想を上回る約134万4000人(3日午後4時現在)と発表した。天候にも恵まれたため昨年に比べ約2万9000人増となった。

初詣で客が一番多かったのは多賀大社(多賀町)で、昨年比3万人増の48万人。そのほか、▽長浜八幡宮(長浜市)15万人▽近江神宮(大津市)14万5000人▽太郎坊宮(東近江市)11万人――など5カ所で10万人を超える人出があった。

一方、暖冬による積雪不足で県内10カ所のスキー場の人出は昨年に比べて約1万9000人減の約1万3800人。朽木スキー場(高島市)、マキノスキー場(同市)など4カ所は、積雪なしで三が日の利用客がゼロだった。
(毎日新聞)