県警は4日、年末年始(12月29日〜1月3日)の県内の神社・仏閣や行楽地の人出を発表した。県内21カ所の神社・仏閣に約180万人(前年比約10万人増)が参拝。県内の主な行楽地35カ所を約32万人(同約5万人減)が訪れた。

今年の三が日は天候に恵まれ、参拝者が増加した。スキー場は雪不足が心配されたが、年末の雪で人出はほぼ例年並みだったという。

初詣での人出は昨年比8万人増だった伊奈波神社(岐阜市)の61万人から多い順に▽お千代保稲荷(海津市)35万人▽南宮大社(垂井町)26万7000人▽金神社(岐阜市)13万6000人▽谷汲山華厳寺(揖斐川町)8万3000人。

行楽地の人出は、昨年より2万2000人増えた岐阜公園(岐阜市)の5万2000人をトップに▽木曽三川公園(海津市)4万人▽高鷲スノーパーク(郡上市)3万7000人▽鷲ケ岳スキー場(同)2万9000人▽ダイナランドスキー場(同)2万人の順だった。
(毎日新聞)