◇スキー場閉鎖相次ぎ
県警地域企画課は、正月三が日の初詣でや初日の出、スキー場への人出予想を発表した。スキー場の閉鎖が相次いだ影響から、人出の総数は前年比800人減の120万3500人になると見込んでいる。

同課によると、初詣で客は06年比600人増の105万9800人。最も混雑が予想されるのは開成山大神宮(郡山市)で20万人。次いで伊佐須美神社(会津美里町)16万人、中野不動尊(福島市)8万5000人となっている。

初日の出客は06年と変わらず3万6000人で、三崎公園(いわき市)1万5000人、波立海岸(同)6000人、豊間海岸(同)4500人と、定番の人気スポットが上位を占めている。

一方、スキー客は、あづまスキー場(福島市)などが閉鎖したため、06年比1400人減の10万7700人。最多は、たかつえ(南会津町)の1万8000人で、アルツ磐梯(磐梯町)に1万2600人、猪苗代(猪苗代町)には1万1000人の人出が予想されている。
(毎日新聞)