スノーボードのワールドカップ(W杯)は20日、オーストリアのバートガシュタインで男女パラレル回転が行われ、男子の野藤優貴(小嶋アカデミー)、女子の竹内智香(ロイズ小嶋アカデミー)、家根谷依里(北海道東海大)らはいずれも決勝トーナメントに進めなかった。

男子はジークフリート・グラブナー(オーストリア)、女子はエカテリーナ・ツジゲシェワ(ロシア)が優勝。 

(時事通信)