東京ドームに詰め掛けた大観衆が、ショーン・ホワイトのライディングに酔いしれました。

12月9日に行われたX-trail Jamクォーターパイプで、ショーンは見事初優勝!ハーフパイプやスロープスタイルのコンテストで実証されていたショーンのスタイル、スムーズさ、トリックの難易度、メイク率はクォーターパイプでも色あせることはありませんでした。

ジャムセッションによるセミファイナル、そして勝ち残った6人によるファイナルを通じ、ショーンは、完璧なマックツイスト、FS1080、FS900、BS900、アーリーチャックフリップ、アーリーチャック720、そしてハイエストエアー賞となったスタイリッシュなメソッドを次々と繰り出し、見事勝利を手にしました。

翌日の、史上最高にハイレベルな争いとなったストレートジャンプでも、ショーンは最後まで魅せてくれました。豊富なバリエーションのジャンプを魅せ、前日に引き続き出場を決めたファイナルでは、1本目に珍しくCAB1080をミス。共に高得点を叩き出したマシュー・クレペルのスイッチBS1080、トラビス・ライスのダブルコークFS1080に対抗すべく、2本目はCAB1260で勝負に出ます。結果わずかにランディングが合わず二冠達成はなりませんでしたが、3位表彰台を獲得しました。

2日間に渡り、十分にその存在感を日本のファンに見せつけてくれたショーンは、この後一旦アメリカに帰国。1月にはBurton European Openに参戦すべくスイスへと向かいます。今シーズンのショーンのさらなる活躍にご期待下さい!

http://www.burton.com/