【長野県】木曽地方のスキー場のトップを切って、木曽町の開田高原マイアスキー場が8日、営業開始した。小雨の中、白銀を待ちかねた老若男女が初滑りを楽しんだ。

同スキー場では積雪60センチほどになった約2キロのコースが滑走可能に。県内のほか愛知や岐阜県、関西からのスキーヤー、スノーボーダーが集った。

勢いよくボードを駆る若者たちに交じり、岐阜県から来た年配者のスキー愛好団体も。会員の中津川市、横家昿さん(73)は「体力に合わせて滑れて、高齢者向きのスポーツです」と汗を流した。

木曽地方のスキー場には、権兵衛トンネル経由で訪れる新たな客への期待感もある。マイアスキー場は「関東地方への宣伝もしてきており、伊那だけでなく山梨県や東京のお客さんも来てくれれば」(今孝志社長)と話す。
(中日新聞)