丸沼高原スキー場(片品村東小川)がオープンし、5日までの連休中、大勢のスキーヤーやスノーボーダーが初滑りを楽しんだ。県内では鹿沢スノーエリア(嬬恋村田代)に次いで2番目の開場。

長さ400メートル、幅30メートルの人工雪コース。県内や首都圏から初日の3日は1000人超、4、5日も約500人の客が来場した。全13コースがオープンするのは12月中旬ごろという。
(毎日新聞)