【岐阜県】岐阜県郡上市高鷲町のスキー場「ホワイトピアたかす」で製氷式人工造雪機による雪づくりが始まっている。周囲の木々はまだ紅葉していないが、ゲレンデ内の2カ所には高さ約4メートル、長さ約70メートルの雪山が早々とお目見えした。

同スキー場は11月3日の一部開業を目指し、9月29日夕から製氷能力180トンの造雪機2基をフル稼働。雪山を保雪シートで覆いながら保管している。

開業日までに長さ約1000メートルの人工造雪ゲレンデを用意する予定。竹中良栄支配人(51)は「北海道でもまだ滑れない時期なので、大学や高校のスキー部も訪れてくれる」と張り切る。郡上市内ではほかに4カ所が造雪機を導入。いずれも11月中のオープンを目指す。
(中日新聞)