全国でも有数の星空観測ポイントである京都府宮津市小田の大江山スキー場で10月14日、秋の星空観察会が開かれる。

大江山スキー場は、1999年に旧環境庁が全国で実施した星空の観測会で、2番目に良く見えたという日本屈指の星の観測ポイント。

観察会は宮津美しさ探検隊主催。当日は午後6時半にスキー場レストハウスに集合。京丹後市の大宮スペースクラブの笹岡儀和さんを講師に招き、天体観測の基本を学びながら、望遠鏡などで秋の夜空を観察する。参加者は懐中電灯や敷物、双眼鏡などを持参する。

参加費は1人200円(同隊員は無料)。定員は30人(小中学生は保護者同伴)。申し込みは10月12日までに宮津美しさ探検隊事務局TEL0772(20)2007へ。
(京都新聞)