沼田市上発知町の「たんばらラベンダーパーク」のラベンダーの早咲き品種「こいむらさき3号」が濃い紫色に色づき最高の見ごろを迎えている。

たんばらラベンダーパーク

スキー場のゲレンデ(標高約1300メートル)に咲くラベンダーは、関東最大規模で5万株に上る。中咲き品種「おかむらさき4号」が色づき始め、遅咲き品種「スーパーセビリアンブルー」も徐々に色を染めている。

長雨や日照不足、低温などで例年より、見ごろは10日ほど遅れているが、遅咲きを含めた全体的な見ごろは、8月のお盆ごろまで続くという。

ラベンダーのほかにも、ニッコウキスゲ、ヤナギランなども咲き、見物客の目を楽しませている。
(毎日新聞)