十日町市中屋敷の角万寺スキー場で6日、畳24枚分もある巨大壁画の「アンパンマン」がお目見えした。

23日に開幕する「大地の芸術祭」に合わせ、川西モトクロス場の小林正夫管理組合長ら5人が自然豊かな里山の素晴らしさをアピールしようと制作した。地元の千手保育園の園児約60人が「アンパンマン体操」の歌を歌って「アンパンマンの誕生祭」を祝った。大地の芸術祭は9月10日までの50日間。期間中の夜間、壁画をライトアップする。
(毎日新聞)