◇炭盤温浴や漫画図書館も
妙高市池の平の温泉施設「ランドマーク妙高高原」が7日、温泉とインターネットカフェなどを合わせた会員制複合温浴施設としてオープンする。源泉の風合いを生かし、露天風呂だけでなく女性に人気の炭盤温浴、漫画図書館など、温泉の癒やし効果に美容、娯楽の要素を加えた。5日午後1時から無料開放される。

同施設は妙高地区を代表するスキー場と温泉が並ぶ池の平温泉の入り口にあり、1階に温泉と地ビールレストラン、物産館など、2階に宴会場や仮眠もできる宿泊施設がある。

リニューアルで露天風呂を泥湯にし、源泉を再現。女性専用エリア「feel」には、ダイエット効果があるとされる炭盤温浴のほか、ゲルマニウム温浴もある。インターネットカフェはブロードバンド対応で、漫画図書館は1万冊を備える。仮眠室は150人収容。

年会費1人300円。2〜15時間までの利用時間に合わせたパック料金制で、平日840〜2940円、土日祝日945〜3570円など。問い合わせはランドマーク妙高高原(電話0255・86・5130)。
(毎日新聞)