全日本スキー連盟は24日、都内で行われた評議員会でトリノ五輪入賞者を表彰。女子スノーボードクロスで7位に入賞した藤森由香(20)=JWSC=も表彰を受け、今季はハーフパイプ(HP)との“二刀流”に挑戦することを宣言した。

華やかなミニスカートスーツ姿で表彰状を受け取った藤森。所属の全日本ウインタースポーツ専門学校ではHPコースを選択しており、「(クロスも)両方おもしろい」。そこで今季はスノボー2種目で大会に出場することを決めた。HPはプロ指向で将来は北米の最高峰大会のXゲームも「出てみたい」という。本業のクロスでは国際大会で上位を目指す。

同じく表彰されたアルペン男子回転4位の皆川賢太郎(29)=アルビレックス新潟=は親交のあるサッカー日本代表DF宮本恒靖主将を「かける言葉がない」と気遣った。
(スポーツ報知)