◇曽我さん夫妻に見守られ
県内外で専門学校を経営する学校法人グループ「NSG」の合同入学式が13日、新潟市万代島の朱鷺(とき)メッセで行われた。

新潟市などにある19のグループ校から計約3700人の新入生が出席。国際調理製菓専門学校の塚本かな子さん(18)が「人々の心があたたまる料理を作ることができるよう成長していきたい」と抱負を述べた。

また在校生を代表し、2月のトリノ冬季五輪女子スノーボードクロスで7位入賞した全日本ウィンタースポーツ専門学校の藤森由香さん(19)が「学生生活を通じ、真摯(しんし)に競技に向かうことで、夢が実現できると感じました」と述べ、新入生にエールを送った。

会場では、北朝鮮による拉致被害者で佐渡市の曽我ひとみさん(46)の二女ブリンダさん(20)も新入生として出席。曽我さんと夫ジェンキンスさん(66)が見守る中、国内での本格的な自立に向け、一歩を踏み出した。
(毎日新聞)