長野県の北アルプスで九日、雪崩などによる山岳遭難が相次ぎ、山スキーなどの六人が死亡、一人が重体、二人が重傷を負った。岐阜県高山市の北アルプスでも雪崩が発生、登山者四人の安否確認を急いでいる。

長野県小谷村から北アルプスに山スキーに入った五人のパーティーのうち、新潟県糸魚川市の会社員、本田博さん(57)は九日朝、自力で下山。さいたま市桜区上大久保、無職、牧野憲一郎さん(68)▽糸魚川市京ケ峰、会社員、佐藤照夫さん(66)▽埼玉県鴻巣市赤見台、会社役員、三浦秀敏さん(57)の三人が死亡した。三浦さんの長男で会社役員の健太郎さん(29)も意識不明の重体。五人は八日朝、悪天候の中を小谷村の栂池(つがいけ)スキー場から糸魚川市の蓮華温泉に向かったがルートに迷った。引き返す途中で雪崩に遭いビバークしていた。

また、長野県白馬村では九日午後一時十分ごろ、小遠見山で雪崩が発生、山スキーをしていた六人が巻き込まれた。長野市青木島、会社員、濃香和幸さん(34)と東京都調布市若葉町、坪田秀夫さん(41)の二人が死亡、二人が腕や肩の骨を折る重傷を負った。

長野、岐阜県境の安房山でも九日午後一時ごろに雪崩が発生。長野県塩尻市の会社員、伊藤弘毅さん(37)が巻き込まれて死亡した。

一方、岐阜県高山市の笠ケ岳で連絡が取れなくなっているのは、愛知県小牧市中央、会社員の高橋秀成さん(39)と、別の三人グループの神奈川県海老名市、会社員、熊谷竜太さん(38)▽栃木県高根沢町、同、桜井雅也さん(35)▽静岡県磐田市、同、沢野正之さん(39)。

県警は雪崩に巻き込まれた可能性もあるとみて、十日朝から捜索を始めたが、悪天候のため午前中で中断。回復を待って十一日に再開する。
(産経新聞)