遅くなってしまいましたが3月19日に南郷スキー場にて行なったMATSURI Vol.4をレポートさせて頂きます。

祭_photo1

今回で4回目となるMATSURIですが、開催直前の天気予報で僕らはビビッてました。『雪と風がスゴイぞー』という噂が…。

さて当日の朝、天気は『雨』。

今までは雲一つ無い快晴ばかりのこのイベントでしたが、今年は降っちゃいました(雨から雪)。風も吹いちゃいました。テントも転がっちゃいました。(使用不能→廃棄)

当日参加してくれたライダーの時田敬司(トッキー)も『こりゃムリだぁー!まっ白で何も見えないよー!』と一言。

お祭り的コンセプトのこのイベントに参加してくれる方々にムリやりキッカー飛んでもらうワケにもいかず、ウェイティングの後パークジャムセッションは中止にしました。

楽しみに来てくれたみなさん本当にゴメンナサイ。

でもMATSURIには『RAIL OUT』という1対1のコスリ対決があります。レイルとフラットダウンボックスが平行に置かれているセクションで、先攻のチョイスしたアイテムを使ったトーナメント形式のコスリネタ披露会です。

せめて、RAIL OUTはやりたい!ということでかろうじてスタート。

祭_photo3 祭_photo4

キッカーのランディングからアプローチのスピードを殺す逆風にもめげずに、スタイル出して攻めてました。優勝の加藤健太郎さんおめでとう!あなたウマイ!

当日参加してくれたライダーは、時田敬司、高橋烈男、小沼紘一、大月洋平、菊池秀平、藤田朋子、磯野真希。

祭_photo2

ライダーデモで飛びたかったライダーもこの天候では飛べずでしたが、突然ライダー対決が勃発!高橋烈男、小沼紘一、大月洋平、菊池秀平、磯野真希の5人が、RAIL OUTのアイテムを使い、ジャンケンで先攻を決め、後攻のライダーは同じアイテムで同じトリックをしなければならない。1本滑って1人が消えるというキビシイルール。

ジャッジは先日のスロープスタイルで優勝を飾ったトッキー(要チェック)の独断と偏見まるだしジャッジにてスタート!

スイッチエントリーの270°やスタイル溢れるフロントボードなどライダーっぷりを見せてくれましたがその対決を制したのは高橋レオ烈男でした。

あんなふうに滑れればなぁ…と思った方も多いのでは。

表彰式をへて、ジャンケンプレゼント大会。突然きぐるみを着たおサルさん登場。あのおサルさんは仕込んでないので、たぶん南郷スキー場に遊びに来てた一般の人です。(ものすごくなじんでました)

祭_photo5

でもやっぱり、『パークジャムやりたかったなー』とちょっとヘコみぎみだった時、『楽しかったんで来年も来ます』といってくれたアナタ!とてもありがとう!

来年もコンテンツを充実させて復活MATSURIにしようと思いました。

Maneuverline,Inc