トリノ五輪有名選手、中絶強要…ネットで“転倒”
元カノと公開日記で中傷合戦

トリノ五輪の成田童夢選手、中絶強要…ネットで“転倒” トリノ冬季五輪でメダルを期待された若手の代表選手が、交際相手を名乗る女性を妊娠させ、さらに堕胎を迫るという内容の告発がインターネットに流れ、騒然となっている。代表選手とみられる人物も「2人の問題なんだから、いちいち公開しないで」と“反論”しているが…。

インターネット上の会員制ソーシャルネットワークサービス「mixi(ミクシィ)」上で、交際相手を名乗る女性が3日未明、明らかにした。

女性は同日午前2時10分に公開した日記の書き込みで「〇〇(選手名)とは別れました」と切り出し、「お腹の中に赤ちゃんがいることがわかりました。もちろん、〇〇の子供です」と告白している。

続いて「オリンピックが終わり、周りから異常なくらいチヤホヤされ、他の女のところへ行きました。赤ちゃんがいることがわかってて今スキー場で遊んでいるみたいですね」と2人の別れの経緯を説明し、「今、赤ちゃんは6週目だそうです。私は赤ちゃんを産みます」と宣言。

さらに「私は、大切な命を殺せと言う人と付き合っていたと思うと、胸が痛くて仕方ありません…」と、代表選手から堕胎を促されていたことを示唆している。

この日記に対し、代表選手とみられる人物はコメント欄で、「なんか酷い言われようだな。俺らで話し合った事なのにわざわざMIXIに載せる必要ないんじゃないのかな? てか、二人の問題なんだからいちいち公開しないで!」と反論した。代表選手はミクシィにある自身のページで「人生で初めて浮気しました」と、女性と別れ、別の女性と交際していることを明かしている。

ミクシィに残った記録によると、女性は代表選手が近畿地方に住んでいたころから交際を続けていた。遠距離恋愛で「私たちが会うのは成田空港だけでした。成田空港デート♪ もう、空港内はほとんど知り尽くしました(笑)」と日記で振り返っている。

トリノ五輪のあった2月には、携帯電話の料金が20万57円に達したと告白した上で、選手に「あなたは何を考えているのでしょう…」とグチをこぼしていた。

代表選手はミクシィで女性との関係を「関係:ニャンニャンニャン」と表現。「とっても可愛い僕の彼女です♪ 皆さん仲良くしてあげてください!」と紹介していた。自身のページでは彼女の写真まで掲載。元モデルという女性も、自身の日記に選手のプライベート写真を掲載していた。

代表選手の父親は夕刊フジの取材に「20歳を過ぎているので、本人に任せている。(妊娠などの)経緯は知らない。交際相手の女性についてはノーコメント」と話した。また、所属事務所は「本人に事実を確認中」としている。
(ZAKZAK)