ショーンの特大540ステールフィッシュ3月14〜19日、アメリカ・バーモント州ストラットンで行われた第24回USオープンで、ショーン・ホワイトがハーフパイプ、スロープスタイルで優勝。自身が持つ前人未到の連勝記録を12に伸ばし、スノーボードに新たな歴史を刻みました。

18日のハーフパイプ・ファイナル。オリンピックゴールドメダリストを一目見ようと集まった一万五千の大観衆の前でドロップインしたショーンの一本目は、スローモーションのような特大の540ステールフィッシュ、BS900ミュート、FS1080、CAB1080ノーズグラブ、FS900リーンという、スノーボードの完成型のようなルーティーン。このルーティーンをして、「まだまだ行けるよ」と笑顔で言っていたショーンは、この一本でライバル達を退け、USグランプリから続く自身の連勝記録を 、まずは11としました。

ハーフパイプの表彰台。左からダニー、ショーン、メイソンまたダニー・デービスが2位、メイソン・アギーレが3位に入り、この日はBurtonライダーが表彰台を独占しています。

翌19日、人々の関心は、ショーンが無敗のままシーズンを終えられるのかに集まりました。スロープスタイルファイナルに進出したショーンは、1080が連発するハイレベルな争いの中、レール、スピン共に安定した高いスキルを見せつけ、優勝!

「シーズンを締めくくるのに、これ(USオープン連勝)以上の結果は考えられないよ!すべてが上手く行って最高の気分だよ。」とショーン。トリノオリンピックゴールドメダルに続く栄冠を勝ち取り、2006シーズンを、12連勝というこれ以上は考えられない最高の形で締めくくりました。

クォーターパイプ2位入賞の朝妻純子日本勢も活躍!女子クォーターパイプに出場したヅマンこと朝妻純子は、気温マイナス10℃というアイシーなコンディションで各ライダーが苦戦する中、高さのあるエアーとマックツイストを連発。見事2位入賞を果たしました。またハイエストエアーとベストトリックも獲得し、賞金$8,500を手にしています。

http://www.burton.com/