2006年3月11日(土)〜12日(日)
パークシティマウンテンリゾートにてWorld Superpipeのファイナル「World Superpipe Championships」が開催された。

オリンピック選手トラー・ブライトとメイソン・アギーレが大きな1stランでスノーボード部門を制した。

Mason Aguirre Louie Vito

この大会は8人の女子、11人の男子スノーボーダーによって$90,000を賭け3本の内のベストラン形式で争われた。

トラー・ブライトの1stランは93.0ptを叩き出し、2位の日本の山岡聡子と7.3ptも差があり優勝には十分だった。Mt.バチェラーとボレアルで開催された今大会のクオリファイでは、共に2位で通過してきたメグ・ピューはこのチャンピオンシップスは3位入賞した。

Jack Mitrani

一方の男子ではメイソン・アギーレが1stランで90.0ptを叩き出し、2位のケビン・ピアースとは8.3ptの差を付け勝利を手にした。ジャック・ミトラーニは76.0ptで3位に位置した。

12日の日曜日にはスキー部門が行われ、X-Gamesの覇者タナー・ホールがこのWorld Superpipe Championsも制した。このイベントは12:00pmより始まり、無料で観戦が出来、ライブ音楽、食べ物、プレゼント大会なども催された。

(L-R) Meg Pugh, Torah Bright and Soko Yamaoka

女子スノーボーディング
Final Results:
1. Torah Bright $15,000
2. Soko Yamaoka $8,000
3. Meg Pugh $4,000
4. Junko Asazuma $2,000
5. Joanie Anderson $1,000

男子スノーボーディング
Final Results:
1. Mason Aguirre $15,000
2. Kevin Pearce $8,000
3. Jack Mitrani $4,000
4. Ross Powers $2,000
5. Crispin Lipscomb $1,000