3日午前5時40分ごろ、大山町大山のレストラン・スキー場管理施設「大山中の原スキーセンター」の職員が「現金が盗まれた」と110番通報した。八橋署などの調べで、2階事務室の金庫(縦140センチ、横65センチ、奥行き55センチ)がバールのようなものでこじ開けられ、現金約950万円が盗まれていた。県警は現場から約2キロ離れた伯耆町内の路上で、男5人が乗った不審車両を発見。車内から現金が入った袋が見つかり、3人を窃盗容疑で逮捕した。2人は逃走した。

確保したのは自称中国人2人を含む3人。逃走した2人はともに約30歳で中国籍とみられ、身長約170センチ。1人は目が大きく、長髪の先が金髪で、濃い灰色ジャンパー。もう1人は紺色のジーパンに長袖シャツという。
(毎日新聞)