石原崇裕ニュージーランド、オーストラリア、ヨーロッパ、日本、アメリカで行われる世界最大のスノーボードイベント、『オープンスノーボードチャンピオンシップス』。その日本で行われる『NIPPON OPEN 2006 SNOWBOARDING CHAMPIONSHIPS』が2006年2月22日(水)から26日(日)まで、福島県・アルツ磐梯リゾートにおいて開催された。

6名のアメリカ勢、そして10名の日本勢の争いとなった男子スーパーパイプファイナル。ファイナリスト16名が3本のランに挑む48通りのスーパーパフォーマンスが会場を沸かせました。

トリノオリンピック日本代表中井孝治は1本目にハーカンフリップ→FS900→高さのあるマックツイストと繋ぎ最後にFS1080に挑みますがランディング失敗。結局2,3本目もスピン後のランディングが決まらず、1本目のスコアが採用され14位に終わりました。

ギャラリーを見方に付け力を発揮していたのは中山悠也でした。2本目の特大のスタイルのあるBSインディ→ユウヤフリップと呼ばれる540→BS540→FS900→トゥフェイキーのランがしっかりと決まり、自身最高の6位に入りました。

安定したランを続けセミファイナルを1位で通過し期待が高まる石原崇裕は、1本目、2本目とも400オーバーのスコアを叩き出します。特により高さを出した2本目のランでは、ハーカンフリップ→特大でスローローテーションのFS540→アーリーチャックフリップ→FS720→SW900で会場を沸かせ425点をマーク。3位で念願のNIPPON OPEN表彰台に立ちました。

2位に入ったのはアメリカのKeir Dillon。1本目に見せた、どデカいFSリーングラブ→アッパーデッキ→公開練習から果敢にトライしていたFS1080→ハーカンフリップ→FSノーズグラブのランが440のハイスコアをゲット。様々なスノーボードイベントの表彰台の常連として知られるKeirが、NIPPON OPENで初めて表彰台に立つこととなりました。

5位以上が400以上のスコアをマークするハイレベルな争いを制し、13人目のチャンピオンに輝いたのはアメリカの17歳Danny Davis。両スタンスでのBS900やアーリーチャックフリップなど豊富なトリックを自在に操り、3本のラン全てで400以上のスコアを叩き出すという安定感を見せます。中でも3本目には500点満点中481点という驚異的なスコアを記録します。いきなりのFS1080→Cab1080(しかもスピン中に体を反らしながら独特の回転)の1080コンボから、続いてFS900&BS900の900コンボ、最後にスタイリッシュなFSリーングラブで渋く締めくくるルーティーンで他を圧倒。優勝賞金20,000ドルを手にしました。

Men’s SHP Final 表彰台

Men's SHP Final Results
1. Danny Davis USA
2. Keir Dillon USA
3. Takahiro Ishihara JPN
4. Louie Vito USA
5. Kevin Pearce USA
6. Yuya Nakayama JPN
7. Hiroki Suwa JPN
8. Luke Mitrani USA
9. KOJIRO- JPN
10. Shuji Ito JPN
11. Takayuki Nishizawa JPN
12. Itaru Fujinuma JPN
13. Masatake Yamamoto JPN
14. Takaharu Nakai JPN
15. Wyatt Caldwell USA
16. MASAOMI JPN

NIPPON OPEN 公式サイト