SB女子ハーフパイプ、負傷した今井=バルドネッキアスノーボードの女子ハーフパイプの予選で転倒し、担架でトリノ市内の病院に運ばれた今井メロの状態について、ドクターは「意識はしっかりしている。何か問題があるとは思えない」とコメント。日本オリンピック委員会によれば、レントゲンを取って何も問題がなければ、そのまま選手村へ帰るという。

今井はねんざしていた腰をさらに痛めたということで、本人は拒否していたが、大会ルールに基づいてトリノ市内の病院に運ばれていた。

また応援に駆けつけていた兄の成田童夢は、「(転倒は)緊張したんじゃないですかね。大丈夫だと思います」とコメントした。
(スポーツナビ)