10日、バルドネッキアで練習するスノーボード・ハーフパイプの中井孝治(AP=共同)トリノ冬季五輪でメダル獲得が有力なスノーボード・ハーフパイプ(HP)日本代表は10日、当地の試合会場で公式練習を行い、前回五輪5位だった男子の中井孝治(アメリカン)や女子の山岡聡子(アネックス)らが精力的に技を磨いた。

中井は縦回転の大技に何度も挑戦し、山岡は完成度の高い横2回転スピンを披露した。

昨季ワールドカップ(W杯)女子総合優勝の今井メロ(ロシニョール・ディナスターク)は休養した。
(共同通信)