いよいよ10日、トリノオリンピックが開幕する。

開幕直前、「ORICON STYLE」(http://www.oricon.co.jp/)の『トリノオリンピック 注目している競技ランキング』で、「フィギュアスケート」が、注目度84.4%で見事No.1に輝いた。

2位の「スキージャンプ」の注目度が41.9%だったことを考えると、いかに日本人の「フィギュアスケート」に対する注目度の高いかが伺える。

『注目している日本人選手ランキング』でも、1位・安藤美姫(注目度59.6%)、2位・荒川静香(47.8%)、3位・村主章枝(47.6%)と上位を独占。女子シングルフリーのファイナルが行われる23日(日本時間24日午前3時)、日本中が注目する演技が始まる。

2位の「スキージャンプ」。原田雅彦(24.6%、第10位)、岡部孝信(第12位)といったベテラン勢に、20歳の伊東大貴(第16位)、16歳の伊藤謙司郎の若手が上手くミックスした布陣に、メダルの期待も大きい。

3位には、期待度34.3%で『スピードスケート』が。
清水宏保(32.6%、第5位)、加藤条治(第11位)の男子両エース、そして女子のエース・岡崎朋美(27.8%、第8位)などタレント揃いで、スピードスターの真髄を見せてくれそうだ。

その他、成田童夢(26.2%、第9位)、今井メロ(30.8%、第6位)の兄妹の活躍に期待が集まる、『スノーボード』が注目度31.8%で4位。

また、上村愛子(44.9%、第4位)、里谷多英(第13位)の華麗で豪快な滑りに注目したい『スキーフリースタイル』が注目度22.1%で第5位にランクインした。

『トリノオリンピック 注目している競技、日本人選手』ランキングは、「ORICON STYLE」(http://news.oricon.co.jp/omr/11814.html)で

(1月26日〜30日まで、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の高校生、専・大学生、20代社会人、30代、40代の男女各100人、計1000人にインターネット調査したもの)
(オリコン)