新たに採用されるスノーボードクロス(SBX)の日本代表、藤森由香(19)=JWSC=は8日、同代表の千村格(いたる、30)=ヨネックス=とともにトリノへ向け、成田空港から出発。新種目の看板娘は、両手指のネイルカラーを金色に染め「目標は金メダルです」と宣言した。

スピード感満点のスノーボードクロス。4選手が同時にスタートして、配置されたコブなどの障害物をクリアしながら全長約700メートルのコースで速さを競い合う。昨年のW杯SBXで6位に入賞。メダルを狙える実力を証明した。「トントン拍子で来ちゃいましたが、経験は少ないので…。プレッシャーを感じずに五輪を心から楽しんできたい」と言葉を選びながら話した。

“ビジュアル系”としての自覚も出てきたようで「(競技の時には)いつもよりちょっと気合を入れてメークしますよ」と照れながら笑顔を輝かせた。雪上のアイドルへの注目は高まりそうだ。
(スポーツ報知)