トリノ冬季五輪のスノーボード・ハーフパイプで日本勢の最大のライバルとみられている米国チームが6日、当地で記者会見した。

男子の優勝候補、ショーン・ホワイトは「日本とフィンランドが強敵。日本にはカズをはじめ素晴らしい選手がそろっている」と話し、今季のワールドカップ(W杯)で初優勝を飾った国母和宏(北海道・登別大谷高)らを警戒した。

19歳のホワイトはW杯にほとんど参加しないが、米国内の賞金大会などで圧倒的な強さを誇る。初の五輪出場を「とても楽しみ。ことしは調子がいい」と、終始リラックスした表情で話した。
(共同通信)

⇒ 今年開催されたビッグコンテスト「Winter X-games 10」で圧倒的な強さをみせたショーン・ホワイトの映像はこちら