29日午前11時35分ごろ、北広島町中祖のスキー場「パインリッジリゾーツ芸北」で、スノーボードをしていた呉市海岸4、会社員、仲野千恵さん(33)が、ふもとから登ってきた同スキー場の男性アルバイト(29)運転のスノーモービルと衝突、頭や胸を打って重傷を負った。

加計署などによると、現場はふもとから約1・5キロ上の斜面。コースのつなぎ目で三差路になっており、スノーモービルは直進、仲野さんは左カーブを下降してきたという。スノーモービルはけがをした他のスキー客の救助に向かう途中だった。同署は、男性が周囲をよく確認していなかったとみている。
(毎日新聞)