雪が吹き付けるナイター営業のゲレンデでスノーボードを楽しむ人たち=新潟県湯沢町の岩原スキー場で2006年1月11日午後6時10分、佐藤賢二郎写す(毎日新聞)10時11分更新記録的な大雪で、新潟県では上中越地方のスキー客が減少する影響が出ている。

同県湯沢町の湯沢中里スキー場によると、年末年始は例年より1割ほど多くの客が訪れたが、その後はJR上越線が運転を見合わせていたこともあり、客入りが悪いという。11日は約200人で例年の半数程度だった。

一方、同町の岩原(いわっぱら)スキー場も「少なからぬ影響がある」という。担当者は「雪もパウダースノーでスキー場自体は問題ない。ぜひ遊びにきてほしい」と訴えている。
(毎日新聞)