県内は5日、冬型の気圧配置が強まり、厳しい冷え込みとなった。松山市内でも早朝から雪が舞った。

松山地方気象台によると、この日の最低気温は久万高原町で氷点下1・8度、松山市で1・5度、宇和島市と新居浜市で2・1度。午後も気温が上がらず、寒さの厳しい一日となった。6〜7日にかけても寒波は続き、大雪となる可能性もある。

26センチの積雪を記録した久万高原町のスキー場「久万スキーランド」ではそりやスキーを元気に楽しむ子どもたちの姿がみられた。
(毎日新聞)