3日午後5時半ごろ、新潟県湯沢町三国の苗場スキー場で雪崩が発生し、リフト乗り場の監視小屋にいた従業員3人が巻き込まれ、このうち同町湯沢、従業員角谷均さん(57)が肋骨を折る重傷を負ったほか、近くにいたスキー客9人も巻き込まれたが、自力で脱出した。

南魚沼署の調べでは、発生した雪崩は幅約5メートル、長さ約25メートルだった。

また、同日午前10時45分ごろ、同町土樽のルーデンス湯沢スキー場山頂付近で、雪崩止めの作業をしていた東京都渋谷区桜丘町、従業員内田仁さん(46)ら4人が雪崩に巻き込まれた。内田さんらは寒さを訴え病院で手当てを受けたが、けがはなかった。

同署の調べでは、同スキー場の山頂付近は雪崩の危険があるとしてスキーの滑走を禁止し、内田さんらが確認作業に向かう途中だった。
(共同通信)