JTBは20日から、来年2月にイタリアで開かれるトリノ五輪の観戦ツアーの一般向けツアーを発売する。

開会式など9種目に対応した13種類の観戦ツアーで、「前回のソルトレーク大会よりメダル候補が多く、周辺に観光地も多い」(広報室)として、4年前より50人多い200人の集客を見込んでいる。

日程は5〜8日間で、開会式とモーグル女子、スノーボードのコース(8日間)が最高の78万8000円で、フィギュアスケート女子のコース(7日間)が76万8000円。参加者の希望に応じて、周辺のミラノやフィレンツェ、ローマなどのツアーも手配する。

近畿日本ツーリストも、近く観戦ツアーの販売を始める。日程はすべて6日間の6コースで、価格は48万8000〜58万8000円。
(読売新聞)