18日午前7時半ごろ、石川県白山市河内町内尾の金沢セイモアスキー場ゲレンデで、従業員でリフト係の山崎直子さん(21)が倒れているのを、圧雪車で作業中の同僚が発見。圧雪車と接触したとみられ、胸と腰の骨にひびが入り、重傷。同スキー場によると、午前8時の営業開始を前に圧雪作業をしていたが、大雪で時間がかかり、リフト係の配置時間と重なってしまったという。

◇除雪の男性重体
また、同日午前10時25分ごろ、石川県津幡町瓜生の民家で、除雪作業中の男性(60)が転落、雪の中に埋まった。県の防災ヘリで病院に運ばれたが、意識不明の重体。
(毎日新聞)