愛知県豊根村の茶臼山高原スキー場で17日、スキー場開きが行われた。人工雪に加え、ここ数日来の冷え込みと降雪で、ゲレンデに積もった雪は約90センチに。

1986年のオープン以来初めて全面滑走可能な状態でのスキー場開きとなった。家族連れなど約300人が詰めかけ、思い思いのシュプールを描いていた。
(毎日新聞)