23日からスキー場の営業再開が決まった伊吹山(米原市)スキー場運営会社「ピステジャポン」(東京都)は16日、近江鉄道(滋賀県彦根市)が営業から撤退した伊吹山スキー場(米原市上野)を引き継ぎ、23日から営業を始めると発表した。

同社は11月下旬、近江鉄道からゴンドラ、リフトなどのスキー場設備やホテルを買い取り、12月15日に近畿運輸局から事業認可を受けた。営業開始に向け、ホテル設備の一部を改装している。ゴンドラ乗り場近くの駐車場整備についても、地元の上野区と協議している。

今シーズンは1−2合目リフトは稼働させず、3−5合目の5本とゴンドラを稼働させる。ホテルは、レストランとレンタルスキー店のみ営業する。ピステジャポン社は「伊吹山は歴史が古い。地元と協力して長期的に経営したい」とし、今シーズンは約3万人の集客を目指している。

同社は、スキー場を運営する「スノーマジックエンターテイメントジャパン」などによる企業グループが11月に、伊吹山スキー場運営に向けて設立した。
(京都新聞)