15日午前3時ごろ、岐阜県郡上市大和町島の東海北陸自動車道で、大阪市浪速区日本橋西、大学生池田隆一さん(23)のワンボックスカーが、中央車線をはみ出し、対向してきた富山県黒部市生地、運転手能登勝宏さん(36)の大型トラックと正面衝突した。

この事故で池田さんの車に同乗していた大阪府寝屋川市初町、大学生小村幸弘さん(20)が頭の骨を折って死亡。京都市左京区田中西、同岸中宏樹さん(21)が頭を強く打って意識不明の重体、池田さんは腰などに軽傷を負った。

岐阜県警高速隊によると、池田さんら3人は同じ大学の友人で、同県内のスキー場に向かう途中だった。現場は路面が凍結してチェーン規制されていたが、池田さんの車はノーマルタイヤでチェーンを装着していなかった。

この事故で、ぎふ大和〜郡上八幡インターチェンジの上りが、約4時間半にわたって通行止めとなった。
(読売新聞)