来年2月のトリノ五輪の出場が内定している、倶知安町出身のバイアスロン代表の菅恭司(36)とスノーボード・ハーフパイプ代表の中井孝治(21)の激励会が22日午後、同町で行われる。

当日は両選手が出席予定で、伊藤弘同町長らが両選手の活躍を願い激励する。菅は長野、ソルトレークに続く3大会連続の出場を決め、また中井は前回のソルトレーク五輪で日本人男子出場選手最高の5位入賞を果たし、トリノ五輪ではメダル獲得が期待されている。

問い合わせは同町体育協会(電話)0136・22・2288へ。
(日刊スポーツ)