気温もグッと冷え込んできて、山の方では雪も降り各地のライダーからは喜びの声も聞こえてきました。
ここで、ライダー達の動きを報告します!

まず、アメリカのマンモスMt.に向かったのは、原 祐司・ザッペ・パンチ・時田 敬司・山口 たてき、などなど。
まだ現地からの連絡はないんですが(スイマセン!)かなりのライダーが集まっているようなので、盛り上がっている事でしょう。

マグンもX−TRAILを控え、オープンした奥只見に滑りに行く模様。
奥只見は河野 真吾や竹野 大介・ローカルの佐藤 慎二も出没。
慎二から、「まだ雪は少ないけど、最高〜っす!!」との声が。

白馬エリアでは、仁科 正史や渋谷 謙らは立山を満喫してきた模様。
天気が安定しないけどイチ早くバフバフのパウダーをいただいてご機嫌の様子でした。
長澤 優作・矢口 睦達も47や五竜などのゲレンデでしっかりとパウダーをGETしているみたいです。
ここ最近白馬はかなりの積雪のようです。

北海道では札幌国際でオープン初日から、山村 拓也がコース内でもヒザまである極上のパウダーをガッツリと堪能したみたいでした。

その他のライダー達もバタバタと慌ただしそうに、山準備に追われているみたいです。
今年も雪が多く降る事を願いながら、活躍を期待したいと思います。

http://www.maneuverline.co.jp/snow/